クラッチレリーズベアリングから異音

インプレッサ クラッチペダル

昨年の12月上旬くらいから車(インプレッサ)から異音が出るようになり、何が原因なのかずっと気になっていました。年末になって急に症状が酷くなり怖くなったので、修理することを決意。何とかスバルディーラーで修理が完了したので、ちゃんとメモを残しておきます\(^o^)/

冷えている状態でクラッチを切ったときに異音が…

エンジンが冷えきっている状態(始動後すぐ・気温が寒いとき)で、クラッチを切ったときに「ギー」音がします。金属音でもないし、ベルト鳴きでもない。何かが擦れているような音でした。

録音した実際の異音です。(音声のみで、映像はありません。)

通常走行には問題はありませんし、クラッチを切っているときしか異音は出ません。10-15分走らせて温めてやれば、異音は消えます。ツンデレですね。

そして年末になって、クラッチが繋がっていても切っていても関係なく異音が出るようになりました。音もはっきり聞こえるようになったので、修理することを決意。

近所のガソリンスタンド・ディーラーへ

以前お世話になったことがある近所のガソリンスタンドに持ち込んで、症状などを説明。「おそらくクラッチレリーズベアリングからの異音ではないか」とのことでした。そこでは「交換するにはミッションを下ろさないといけないので、ウチでは難しい」と言われ、スバルディーラーへ。

ディーラーへ1-2日ほど車を預けて異音を確認してもらったところ、「クラッチからの異音でほぼ間違いない」とのことだったので、クラッチ関係を交換してもらうことになりました。パワステベルト(Vベルト)にひび割れもあったらしく、同時に交換をお願いしました。

クラッチ交換費用

修理費用: 142,528円

なかなか高いですね(゚д゚) 走行距離が9万キロ弱なので、良いタイミングと言えばそうなんですが……。

原因はクラッチレリーズベアリングでした

やっぱりクラッチレリーズベアリングが原因だったらしく、無事異音が消えてクラッチペダルがだいぶ軽くなりました。クラッチミートポイントが変わるのかな?と心配していましたが、インプレッサは油圧クラッチだからあまり変わらないんだとか。

思い返せば、半年前くらいからクラッチを切っているときに「ゴー」と低い音が出ていました。このときからベアリングが寿命だったのかもしれませんね。ひとまず一件落着。